HOME > 主要ソーラーパネルメーカー > 長州産業

長州産業

主要機種の型式 太陽電池の種類 モジュール変換効率 1kWあたり相場価格
CS-260C11 単結晶 0.159 約50万円
特徴
単結晶方シリコンタイプのモジュールは、軽量コンパクトなシステムになっていて、モジュールの変換効率も高く高出力です。特に、自然災害補償や施工部分からの雨漏り保障など、手厚い保証がついているので、安心して設置することができます。

長州産業のソーラーパネルの特徴

長州産業の太陽光発電システムは、過去、多結晶型シリコンタイプの製品を多く手がけていましたが、現在、2009年まで三洋電機のOEM供給として販売していたHITタイプの太陽光パネルと、自社独自の製品である単結晶シリコンタイプの二つを中心に販売しています。自然災害補償が無償であるうえ、施行部分からの雨漏りも保証しており、業界で唯一です。


太陽光発電の一括見積もりをしてみる>>

どういう場合にこのメーカーを選ぶべきか?

長州産業の太陽光パネルが提案する単結晶シリコンタイプのモジュールは、変換効率が高く、少ないモジュールで大出力を実現しているので、軽量コンパクトな太陽光発電システムとして高い評価を得ています。屋根にシステムを設置することでかかる家屋への負担を最大限に軽減できますので、築年数が経っている家屋にも設置することが可能です。

太陽光発電の一括見積もりをしてみる>>

このページのトップに戻る