HOME > 太陽光発電について > モジュール変換効率とは?

変換効率をしらべる

太陽光発電は、太陽が出している光エネルギーを利用価値の高い電力エネルギーに変換する、発電方法です。どのくらいのエネルギーを受けたときに、どのくらいのエネルギーを摂取できるかは、それぞれのシステム装置によっています。
たとえば、100の太陽エネルギーを受けたとき、10の電力を作れるとすれば、その変換率は10 % と言うことになります。

モジュール変換率が高いシステムは

現在の多くの種類の太陽発電システムが、発売されています。その中でも、モジュール変換率が高いといわれる、シリコン単結晶タイプの太陽光発電システムでは、モジュール変換率15%〜20%を誇っています。変換率が高いと、少ない日照でも多くの電力を発電できますから、太陽電池を設置するスペースが少ない、小さな屋根をお持ちの方にお勧めです。

このページのトップに戻る