HOME > 太陽光発電について > 太陽電池の種類について

シリコンタイプ

現在でも、太陽電池の主流は、モジュールにシリコンを使用しているタイプのものです。このシリコンには2種類あり、単結晶方と多結晶型といわれています。単結晶方はモジュール変換率が高く、太陽電池の設置面積が狭い方にお勧めです。ただし、システム設備が高価になります。多結晶型は、もう少しリーズナブルに導入いただけますが、十分な電力を取得するためには、ある程度の設置広さが必要です。

化合物タイプ

シリコンタイプ以外に、化合物タイプという太陽発電用モジュールもあります。これは、炭素・インジウム・セレンの分子が原料になっていて、シリコンよりも原料の生産にエネルギーを要しないこと、手に入りやすく安価な原料を使っていることにより、今後の量産に一役買ってくれるのでは、と期待されている素材です。
CISタイプとも呼ばれますが、これは、原料の原子記号を取って、つけられた名前です。

このページのトップに戻る