HOME > 太陽光発電について > 太陽光発電とは

太陽光発電の普及

太陽光発電は、太陽の日射エネルギーを電気エネルギーに変える発電方法で、非常にクリーンなエネルギー生成ができることで注目を浴びています。もう何十年も前から研究開発されてきましたが、原料が高価であることから、宇宙開発などにしか使われていませんでしたが、環境破壊やエネルギー資源不足からその価値が見直されるようになり、一般社会へも普及し出しています。

クリーンで環境にやさしい発電法

太陽光発電は、発電のため機械を動かしたり電気を送ったりする必要がなく、したがって、環境破壊の元となる二酸化炭素を排出させることもありません。また、発電装置の製造にも、多くの資源やエネルギーを必要としないので、エネルギー開発と環境保護の両面から、高い評価を得ている発電法です。新技術の化合物モジュールの登場で、さらにクリーンで低価格な製品が作られるようになると期待されています。

このページのトップに戻る